イメージ画像

脱毛サロン、レーザー脱毛に対してのある女性の不安

レーザー脱毛を考えている人達は不安を抱えています。こんな不安を抱えている女性もいます。お悩み相談掲示板での話しです。「私の知人で顔のレーザー脱毛を施術した人がいます。三回から四回ほどの施術の後、どうも頭髪が抜け始めたようです。私は、元来髪の毛が薄いです。

もしもレーザー脱毛で抜けて欲しくない髪の毛が薄くなるのは避けたいです。
そして、脇の下のレーザー脱毛をしたけれども、汗の量が普段よりの多く
なったと言っています。

こういったことは、レーザー脱毛の影響なのでしょうか?」
こういった質問に対して、次のようなコメントがレーザー脱毛をされた
経験者からついていましたので抜粋してご紹介します。

「私は、髪の毛の抜け毛や発汗はレーザー脱毛の原因だと思っています。
私もあなたと同じ症状を経験しています。体調不良などもあるかも
しれませんから、絶対とは断言できませんが。

けれども、レーザー照射した部位からは汗が出なく、他の上半身に汗が
出てしまうこともあります。顔や頭にも異常な汗をかいて髪の毛の
抜け毛も止まっていません。

背中や胸の部分にも凄く汗をかくようになっています。
これはでは、そういったことがありませんでした。
しかしながら、レーザー脱毛が全部悪いとは思わないです。

一回一回あなた自身のお肌と良く向きあって確認をしましょう。
しっかりと症状をみることが大切です。
私は失敗してしまいましたが、自分で受け止めるしかありません。

悔しい思いはあります。皮膚科受診をして医師に診て貰いました。
元にもどるには二年から三年かかると言われました。
けれども、一向に改善する兆候はありません。
取り返しのつかないことをしてしまい悔やんでいます。」

こういった切実な生きた声があります。
レーザー脱毛にはメリットもあるし、デメリットもあるのでしょう。
レーザー脱毛には様々なリスクがあるようですから事前のカウンセリング
をしっかりうけて納得をして施術に望むことです。
マリエ

男性が髭脱毛をするなら家庭用脱毛器はどうなのか?

男性でも美意識が強いタイプの人が多くなってきましたので、お顔の青ヒゲが悩みになっている人も多いです。 今回は、男性が髭脱毛をするなら家庭用脱毛器はどうなのかについて検討してみましょう。

ヒゲ脱毛をするならば家庭用脱毛器を使う選択肢もあります。 また、メンズエステサロンや医療外科クリニックで医療レーザー脱毛や光脱毛での髭脱毛をする選択肢もあるでしょう。

家庭用脱毛器の場合は家族で共用できますますし予算も少なくて済みます。 家族全員が使えるのは大きなメリットではないでしょうか?

どちらが効果的なのか違いや特徴をまとめてみたいと思います。 最近は家庭用脱毛器を使って、男性でも髭脱毛にチャレンジするケースも増えてきている傾向にあるようです。

従来の家庭用脱毛器の場合の方法は、ヒゲを1本1本摘まんで電気を通して脱毛するやり方でした。

しかし最近では「家庭用レーザー脱毛器」や「家庭用光脱毛器」が誕生しており、ご家庭でもレーザー脱毛や光脱毛ができるようになっています。

実際にクチコミ情報サイトなどで家庭用脱毛器を使った人の意見をみると大部分は綺麗に脱毛できていないようです。

その一番の理由は、家庭用脱毛器の場合は安全上の問題で出力が弱くなっていることです。家庭用脱毛器でヒゲ脱毛をしても値段が高い割りに、長期間ヒゲが生えないというレベルにはならないのです。

とりわけ青ヒゲや密集したヒゲの場合は、まばらにヒゲが薄くなってしまうこともあります。

10円禿げのように見えるなんてことも少なくありません。特に毛深くて密集したヒゲの脱毛を希望されるならばメンズエステサロンや美容外科クリニックで脱毛することが無難だと思います。

ですが、家庭用脱毛器の中でも高い評価を得ている脱毛器があります。 この高評価家庭用脱毛器の場合は出力を落とさずに利用できるのです。 超極短発光して施術部位に照射することでお肌への負担を少なくして脱毛できます。

10段階の出力レベルの調整ができますから、濃い髭の人から薄い髭の人まで幅広く対応できます。一般的な家庭用レーザー脱毛機と異なるのは照射範囲が広いことです。 これによって、まだらになってしまう不細工な脱毛リスクを軽減できます。

毎月3,300円で24回支払いで総額は80,000円とメンズエステサロンや美容外科クリニックと比較しても低予算で脱毛できます。

今、最も人気が高くインターネットでも高評価を得ています。自分が都合の良い時間にすね毛・腕毛・ヒゲなど好きな部分の脱毛が自由にできるのでお得感があります。

ヒゲ脱毛の期間の目安と家庭用脱毛器の効果的利用法

男性の悩みで意外に多く上位にきているのがヒゲの悩みです。 中にはヒゲ脱毛をすることを決意する人もいます。

今回は<ヒゲ脱毛の期間の目安と家庭用脱毛器の効果的利用法>について説明しましょう。 ヒゲ脱毛に興味がある人や家庭用脱毛器の購入を検討している人は参考にしてみてください。

まずは【ヒゲ脱毛の期間の目安】です。

メンズエステサロンや美容外科クリニックでヒゲ脱毛をする場合ですが、完全にヒゲをなくしたいならば個人差や範囲もありますが半年から2年程度が目安になります。

ヒゲ脱毛を施術したあとはレーザー脱毛や光脱毛の影響でお肌が荒れます。短期間に何度も施術できない場合が大半です。しかし、最初の施術によって、かなりヒゲが抜けてくれますから3回目ほどになると毛の量は少なくなっているケースが多いでしょう。

青ヒゲ状態になっているほど毛深い人は毛の量が多く長期間になります。 それほどの状態でなければ一般的には1年程度で済むでしょう。 施術した後、最初の頃はヒゲが膨脹して「どろぼう髭」のように濃く見えることもあります。

4〜5日から1週間ほどで、こういった毛根がダメージを受けてポロポロと落ちてきます 施術を繰り返すことによって髭そのものの量が少なくなり脱毛状態になってきます。 期間の目安は毛の量を診察してもらいクリニック側と相談しておくことをお勧めします。

次に【家庭用脱毛器の効果的利用法】です。

家庭用のヒゲ脱毛器は医療用レーザーと比較した場合に出力レベルが低いので青ヒゲなど頑固な毛根の場合は完全脱毛は難しいとされています。 濃いヒゲの場合は毛根が太いから、家庭用では毛根の破壊にも限界があります。

一般的には永久脱毛とよばれますが脱毛後は完全に生えてこないのではなく、生えてくる場合もあります。家庭用のヒゲ脱毛器は医療外科クリニックやメンズエステサロンで施術して、生えてくる場合に併用すると効率的であるという意見が多いです。

基本的に濃い髭の場合は医療外科クリニックやメンズエステサロンを利用するほうが賢明なようです。

このページの先頭へ