転職が失敗しないために

転職を成功させるためには?

転職が失敗しないために

看護師として新しい環境でスキルアップするために転職をするのは 非常にいいことです。今までの職場ではお給料が仕事に見合っていなかったと いう場合には、それを解消する職場を探したことと思います。

色々な原因があって転職を考えると思いますが、不満だった前の条件を解消する ことが目的ですね。

でも、せっかく転職をしたのに失敗だった・・なんてこともありえます。 前と同じような労働条件だったとか、全然お給料が高くなかったなんていう問題です。 良い方向に進むと思ってした転職が、失敗に終わるということはありえない話 ではないのです。

そんなことにならないために、しっかりと転職先を見極めて決めるようにしましょう。 選ぶ際のポイントをいくつかお話します。

○求人情報の給料はきちんと確認
諸手当など全てを含め、なおかつ一番高い諸手当の金額が掲載されている 可能性もあります。働いてみるとそれほどの諸手当がつかないということも よくありますから、注意しなくてはなりません。

○人間関係が良好な職場かをチェック
女性が多い世界では、どうしても人間関係が悪くなりやすいです。 それが嫌で転職を考える人もいるのですから、また同じことの繰り返しては 転職の意味がありません。可能であれば見学に行かせてもらえるといいですね。

ただ、自分もまだ働きながらの転職だった場合は、なかなか時間がとれないと いうのが現実でしょうか。

○夜勤はなしなどの要望が通るかどうか
家庭を持って、体力的にも夜勤がある職場は難しくなって転職をするという 場合もありますね。

そういう時には夜勤がなしで働けるかどうかは確認しなくてはなりませんよ。 夜勤がある職場でも、自分だけ夜勤なしの条件で働くという環境になると いうのはちょっと厳しいかもしれませんね。

夜勤を担当している看護師からしてみると、何であの人は夜勤がないの?と 思うでしょう。結婚しているからという理由があったとしても、やっぱり不公平さ を感じてしまうものです。

採用担当者には日勤だけでも大丈夫といわれているにしても、実際の現場では どうなのかということを考えておきましょう。

転職してさらに職場の環境や条件が悪化したということにならないためにも、 事前に調べておくのは大事です。