比較的合格しやすい准看護師になる方法

准看護師になる近道とは?

比較的合格しやすい准看護師になる方法

給料水準が他の業種に比べて高く、就職難の何にあって人気がある仕事の一つ
が看護師でしょう。

看護師資格には正看護師と准看護師の2種類があります。
ここでは比較的合格しやすい准看護師になる方法をご紹介したいと思います。

一番確実な方法は看護に関する学校に通うことでしょう。

中学校を卒業後、高等学校の衛生看護科に進学すれば3年で准看護師試験を 受験できる資格を取得できます。受験資格を取得した後、准看護師試験を受けて 合格することによって准看護師になれるわけです。

さらに上の看護師を目指す場合は、もう2年間学習しなければなりません。

合計5年間学習することによって看護師受験資格も同時に取得できるのです。 看護師試験の受験は年齢制限があり、准看護師は18歳以上・看護師は 20歳以上となっています。

高等学校で衛生看護科に進学しなかった人は、准看護師養成所に入学する ことで受験資格が得られます。

准看護師養成所は中学校卒業以上の学歴があれば受験できるので、 どなたでも受験資格はあります。准看護師養成所に2年間通うと准看護師の 受験資格を取得できます。

准看護師養成所に入るには試験に合格しなければなりませんが、 難易度は中学校レベルの問題ですからさほど難しくはないでしょう。

中学を卒業して年数が経っている人は学習内容を忘れている場合もあるので、 油断せず試験3カ月前頃からは准看護師養成所合格を目指して受験勉強をして おきましょう。

筆記試験と同時に作文と面接もあります。 作文のテーマは学校によって異なりますが、文章力がないと思っている ならば対策をしておきましょう。面接は、あなた自身の人柄や性格をチェック されます。

准看護師の適正のみならず人間的に問題がないかどうかも試されます。 面接官の前でも緊張をすることなく、普通のコミュニケーションができれば 問題にはならないでしょう。

以上、比較的合格しやすい准看護師になる方法をご紹介しました。 准看護師を目指している人は参考にしてください。