安心してキャッシングできる?

キャッシングで多重債務になる可能性はものすごく低い

銀行から大きなお金を借りると、多重債務者に陥って返済に苦しんでしまう可能性もあります。しかし、消費者金融のキャッシングならば多重債務者になるようなことはまずありません。可能性で述べれば0に近い数値になりますので、安全にお金を借りて返済することができます。

キャッシングは、銀行の融資では適用されない融資の限度額に関する特殊な規制が採用されています。これを総量規制と言い、総量規制は少額融資に分類されるすべてのサービスに対して適用されますので、個人の消費者が必要以上にお金を借りて多重債務に陥る可能性は極めて低いのです。

総量規制は、その人が稼いでいる年収の3分の1を基準として限度額を設定する規制のことを意味します。そして、この限度額はすべての消費者金融に適用されますので限度額が100万円に設定されている人であるのならばすべての消費者金融を含めて100万円を限度としたお金を借りることができるようになります。

これは、Aという会社から80万円のお金を借りたときには、Bという会社からは20万円を限度としてお金を借りることができることを意味します。また、年収を基準として限度額が決められるわけですから、本人の年収が増えたことを証明できれば増額申請によってさらに多くのキャッシングをすることも可能です。本人の努力次第で限度額を大きくできるメリットがありますので非常に使いやすいわけです。

総量規制のメリットは、年収さえあれば少ない収入しか得ていない人であっても、その収入に対して限度額を設定することができる点にあります。事実、キャッシングではアルバイトの学生やパートしかやっていない主婦であってもキャッシングでお金を借りることが可能です。

法律的な安全性の基準を導入することによって、広く融資の門戸を開放している状況にあります。多重債務に陥る可能性が低いうえにお金を借りやすいので、キャッシングは最も安心できるサービスとして受け入れられているのです。

↑ PAGE TOP