転職を決意する時の看護師の気持ち

転職が多いと言われる看護師だけど・・・

転職を決意する時の看護師の気持ち

看護師が仕事できる場所は病院などの医療施設だけではないです。 老健・ターミナルケア・高齢者施設……などでも看護師のニーズはあります。 看護師に希望と夢を持って国家資格を取るために勉強をされたはずです。 病院勤務を始めた頃も高い志を持っていたでしょう。

けれども自分に合っている勤務先かどうかは実際に仕事をしてみないと わからないですね。「患者様の支えになりたい」という思いがあっても、 体がついてこなければ空回りしてしまいます。 そんな時、ふと「転職」が頭をよぎります。 ここでは、転職を決意する時の看護師の気持ちを考えてみたいと思います。

一口に病院と言いますが、その形態はいろいろです。 入院施設がある大きな病院ならば夜勤も日勤もあります。 シフト勤務により体調を崩してしまうことは日常茶飯事です。

「気持ちはあるが体が動かない」という状態ですね。 看護師として仕事をした経験があるならば誰でも一度は経験しているでしょう。 「これ以上続かない」と判断した時には転職を考える時期です。

転職を意識した時は自分の現在の状況を見つめ直すよい機会です。 自分自身がおかれている環境を考えてみましょう。 どこが不満点になっているのか洗い出しましょう。

職場の人間関係が原因になっているかもしれません。生理的に合わない人が 同じ職場にいる場合は大きなストレスになる場合があります。 そういったケースは人事異動で問題解決される可能性もあるでしょう。

勤務している診療科目によって違いますが患者様への接し方が難しいことが 原因かもしれません。対応するには精神的に厳しいこともあるでしょう。 その病気に関して理解できていないならば理解しようとする努力は必要です。 逆に得意としている分野を専門に扱っている病院に転職する道もあります。

勤務時間についてはどうでしょう。 夜勤で生活にリズムが崩れ生活に支障があるなら日勤のみの仕事を探せば 解決します。転職せずにひとつの職場で長く仕事ができるのは良いことです。 ベテラン看護師を作り出すには、ベストな方法ですね。

「自分にあっていない」と感じた時は早めの対処が必要です。 早期段階で選択肢の間違いに気がついて、自分にあっている道をみつければ 長く働く職場を得られます。

以上、転職を決意する時の看護師の気持ちを考えてみました。 病院だけが看護師としての知識を生かせる職場ではありません。 広い視野を持って活躍できる場所を探せば良いのです。